「お母さん!お子さんの奥歯が、虫歯

なりかけてますよ!」

定期健診でのまさかの言葉・・・。

まだ4歳というのに・・

「ショック!!!」


スポンサードリンク


初期虫歯って何色?!





虫歯のイメージって、茶色とかいイメージが
ありますよね?

なので、仕上げ磨きをしている時に、

「あっ虫歯があるっ!!」

と、気づくと思います。




それがですね~、、実は、、、

虫歯の初期というのは、『』なんです!!

茶色を発見した時には、初期段階を通り越している
事が多いのです(*_*)




初期虫歯ってこういう状態





歯医者さんで検診してもらっていると、

「C~1、C~0」

と、聞こえてきませんか?

その『C』とは虫歯の事で、C0~C4までの5段階あります。

初期段階は「C0」と言って、表面は茶色ではなく、
白です。

その状態を「白濁」と言います。




白濁ってどういう状態?





虫歯は口の中が酸性になる事で、歯のカルシウムが溶け出して
起こるものです。

白濁はその溶け始めの事で、歯の透明感がなくなって
白くなった状態です。


0347059001362030946_1

この様に、歯の根元部分に多くできやすいです。

この状態だと、これが虫歯の初期段階だとは、
思いませんよね??





虫歯の初期での治療は?





「虫歯の初期段階です・・」

と言われたときに、真っ先に思いついたのが、

「治療がはじまるの~?!」

と不安になりました。




ところが、この段階では治療をしない事が
殆どなんです。

初期段階では、

進行を食い止めて、永久歯へ生え変わる時期を待つ!!

これを聞いて、

「え~!!進行なんて食い止めれるの~?!」

と、びっくり(*_*)

スポンサードリンク


虫歯の進行を食い止めるには?!






  • フッ素を使用し、酸の生成を抑止する。

  • 歯磨き・フロスをしっかりする。

  • 生活を見直す。

  • 定期的に検診を受ける。




白濁の状態であれば、フッ素を使用してしっかり歯磨きを
する事により、元の状態へ戻る事ができるそうです!!

フッ素は歯医者さんでも塗布してもらえますし、
歯磨き粉にも入っているのもあります。
ラムネなどにも入ってますね◎





虫歯になった原因。。。





うちには二人の子供が居ますが、虫歯になっちゃったのは
下の子です。

2歳位から、フッ素入りのタブレットをほぼ欠かさず、
毎晩食べさせたり、飴やチョコやジュースは与えていなかったり、、
割と、気をつけてはいたのですが、、。

自分で歯磨きをする様になってからは、仕上げ
し忘れたり、嫌がるのでささっと済ませる事が多かったです。

上の子は健全な歯なので、簡単に虫歯にはならない
だろう~って思ってたのもあって・・^^;

それが間違いでした。。

やっぱり何より、仕上げ磨きをしっかりしてあげる事が
とっても大事ですね。

乳歯は永久歯より虫歯になりやすいそうです(T_T)










虫歯がコレです↓

photo1 (20)

茶色になってますが、まだ治療はしないそうです。

でも、奥歯って小学校高学年位まで、生え変わらないそうです。

それまで進行をふせぐってのは、とっても大きな
プレッシャーになりそうです^^;




まとめ



  • 仕上げ磨きは明るい所で、じっくりする!

  • 歯磨きの習慣をしっかりつける!

  • 夜はフロスをする!

  • 甘い物の後は、歯磨きまたはうがいをさせる!




お風呂場などで、仕上げ磨きをする事が多かったので、
しっかりと歯を見ながら、1本ずつ磨いていかないと
ダメだと思いました◎

あとは、本人自身も歯磨きが大切だという事を
理解させるために、虫歯の絵本を読んだりしていると、
毎朝の歯磨きを自らしてくれる様になりました^^

この調子で、なんとか食い止めて行きたいです!!

[`buzzurl` not found]
[`yahoo` not found]



スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事