少し涼しくなった頃に、ふわぁ~っと漂う

爽やかで少し甘い香り・・『キンモクセイ』

a0830_000439

毎年、この時期が楽しみです。

スポンサードリンク


キンモクセイの開花時期
9月下旬~10月中旬頃


北から南へ向かってゆっくり開花していきます。

猛暑の年などは開花が遅れたりする様です。


キンモクセイは突然開花して、香りを放ち

1週間も経たない内に散ってしまいます。



a0960_003853

キンモクセイを楽しむ期間は、1年の内にほんの一瞬しかありません!!


そこで、キンモクセイの香りを1年中楽しむ方法

ご紹介致します!


キンモクセイの楽しみ方

キンモクセイはドライフラワーにしてしまいますと

香りが飛んでしまいますので、ポプリには

『モイストポプリ』がオススメです。

保存状態が良ければ、なんと50年も香りが持つそうです!


『モイストポプリ』の作り方

<材料>

・キンモクセイ 1カップ
・塩      500g
・瓶      キンモクセイと塩が入る位の大きさ

① キンモクセイはゴミや虫などは取り除きます。
 花が濡れている場合は乾かす
 (香りが飛ぶので1時間以上は干さないで下さい

② キンモクセイと塩を層の様に、交互にいれます。

③ 蓋をして1か月程経つと出来上がりです!

◎蓋の部分を外してガーゼなどで蓋をして楽しみます。
 

・移し変えて使う場合は香りの持ちは早くなります。


ポプリの他にルームスプレー・香水なんていかがですか?


アルコールに漬けた、キンモクセイチンキを一つ作っておくと、

ルームスプレーや香水が簡単にできちゃいます!


キンモクセイチンキの作り方

<材料>

・キンモクセイ
・無水エタノール または ウォッカ
・瓶

①瓶の半分以上のキンモクセイを入れる。

②瓶いっぱいに無水エタノールを注ぐ。

③1か月程で出来上がり。



チンキは原液ですので、薄めて使用します。

ウォッカで漬けた場合は、ハーブティーやハーブ酒として

飲めます!

a0790_000553

ルームスプレー・香水の作り方 

①スプレーボトルへキンモクセイチンキと精製水を入れる。
 
 例)チンキ1:精製水4

◎スポイトで、香りを調整しながらチンキを入れて下さい。


お花を使わない場合は、『生活の木』さんなどで売ってます

キンモクセイアロマオイルで代用できます。

注)アロマオイルは濃度が高すぎますので、直塗りはできません
  スポイトで1滴~3滴で十分香ります。


↓とてもキンモクセイに近い香りの練り香水です◎




スポンサード リンク

あわせて読みたい関連記事