ボジョレーの記事一覧

ボジョレーヌーボーが解禁される日が近づいてきましたね~!

a0011_000009

余り知られていない様ですが、

ボジョレーヌーボーって、ランクがあるのを知っていますか?!

 

ボジョレーヌーヴォーは、フランス・ブルゴーニュ地方の

ボジョレー地区内で生産されます。

その年に収穫されたぶどう(ガメイ種)を使用し、

マセラシオンカルボニック(炭酸ガス充填法)を行い

数週間で醸造される新酒のことです。


実は、もう一つ「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー」という

種類もあるのです!

a1180_005850

ボジョレーヴィラージュヌーボーとは?


「ヴィラージュ」とは「村」の意味で、ボジョレー地方の中でも

「法律で定められた特定の村で収穫されたぶどうでできたもの」です。

 

ボジョレー地区のなかでも、北部の村に位置する

より良いワインを産出する、39の地域の村のみに

つけることを許された称号で、

普通のヌーボーよりワンランク高いことを意味します。

つまり、ボジョレー全体のぶどう畑の中のほんの一部、

最上級のぶどうから造られたものなのです。

a1180_005971

味の方は普通のボジョレーより

凝縮感、繊細さ、優雅さがあり、クオリティが高いですが

価格は普通のボジョレーより若干高い位でいただけます。

色々なお酒メーカーからも販売されていますので

飲み比べにどうですか?

025209

こんなグラスでききワインはどうですか?

 

飲み比べに知ってると役立つ!

テイスティング方法について調べてみました。

 

ワインのテイスティング方法


ワインのティスティングって何か難しそうですね~

ソムリエ迄はいきませんが、

日々のワインを楽しむ為の簡単なテイスティング方法です

 

①まず色を見ます

グラスを傾けて色を識別します。

白地の紙などの上でワインの色を見ると良く見えますよ。

 

②香りを楽しむ

まずはそのまま嗅いでみましょう。

この香りは、生のブドウをかじった香りに近いと言われています。

ボジョレーはバナナの香りがするそうです。

ワインの種類によって、フルーツの香りや

バターやピーマンの香りがするそうです!

ピーマンって・・・どんな香り?!でしょうか・・

しぶーくて、苦そうなんでしょうかね~

 

③味わう

少量を口に含んでから、息を吸いながら口の中で

空気と混ぜると、香りがより感じやすくなりますが、、

これは音もたったりする時もあり、

ソムリエの方法だそうですので

お店では控えた方が良さそうです。


少量を口に含み、味わって下さい。

 

④ワイングラスを回す

これは格好をつけている訳ではなく、

ワインを空気を触れさせて、強制的に酸化させると、

味にまるみが出るのです。

また香りや味わいが豊かになり、最初に飲んだときよりも

驚くほど印象が変わることがあります。

これを、ワインが「開く」といいます。




注)造られてから数十年以上経っていて、

飲み頃をもう過ぎているようなワインを回すと、

逆に香りが飛んでしまうので気をつけてください。

 

 

飲み比べをする場合は、次のワインを飲む前に

口もすすいで口内をリセットしましょう。

チーズやクラッカー食べて口内をリフレッシュさせるのも良い手段です。

d2973214c1f82a84d0e39aa5962e5080_s

ワインをテイスティングする際に気を付ける事


・ワインはグラスの3分の1まで注ぐこと。

フチ迄そそぐと、ワインの色を判断するためにグラスを傾けたり、

香りをかぐためにワインを回したりできない為。

 

・ワインを注いでもらう際は、グラスを持たない。

つい持ってしまいそうですが、マナーとしては×!

注ぎ終わる迄待ちましょう。

 

・ワイングラスは右手で脚の部分を持ちます。

カップの部分に手が触れると、ワインが温まってしまい

香りが変わってしまいますので気をつけましょう。





これだけ知っていれば、じっくり飲み比べが出来そうですね~!

ボジョレー解禁の日が待ち遠しい~!!!







 

 

 

, 食事

今年もやって来ましたね~

大人のお楽しみ♪

もうすぐ

『ボジョレヌーボーの解禁日』です!!

034960

今年の解禁日はいつなんでしょう?

フランスの法律によって

毎年11月の第3木曜日が解禁日とされています。

ですので、今年は11月21日になります。

 

日付変更線の関係で世界で最も早く、

解禁日が1番早く来るのがなんと!!日本なんです。

本場フランスよりも早く飲めるんですね~!

 

流通の関係で実際にはこの日以前に入荷しますが、

販売してはいけませんし、飲むことも禁止されています。

 

043538

もともと渋味が少なくフルーティーで飲みやすい

ボジョレー地方の赤ワイン。

 

とくにヌーボーは、さらに飲みやすく

白ワインのようなテイストが特徴です◎

 

冷やしてジュースのようにスイスイ飲めるのですが、

赤ワインに慣れた人や濃厚なタイプの

ワインが好きな人にとっては、

物足りないかもしれないですね。

 

毎年、「今年は最高~!」と聞いてる様な気もしますが、

今年の出来はどうなんでしょう??

 

まずは、ここ数年の出来を見てみましょう。
  • 2010年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
  • 2011年 「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」
  • 2012年 「よく熟すことができて健全」
昨年は「今までに経験したことのない厳しい天候の年・・」だったそうで、

春が寒く、初夏に雨が多く、ワイン用の葡萄が育つ環境としては

とても厳しい天候でした。

 

昨年に比べ今年のボジョレー地方の

夏の昼間は気温が上昇し、

夜には気温が下がり、

寒暖の差が大きく、

葡萄が育つ環境としては

理想的な天候  だったそうです!!

 

収穫量についても問題ない様ですので、

今年のボジョレーヌーボー期待大ですね~!!

044423

そんな期待大の今年のボジョレヌーボーですが、

ランク違いの飲み比べなんかをしてみてはどうですか?

 

ボジョレーヌーボーには、二つのランクがあります。

 

「ボジョレー・ヌーボーー」

「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー」です。

 

収穫地域により、「ヴィラージュ」の方が良質でランクが上。

どちらが好みか、テイスティングしてみるのも

楽しいですね!

 

c27a446834410bccdafd3ddd5ffe3d4e_s

ボジョレヌーボーを美味しくいただく為に、

グラス選びも重要です。

↓ グラスを変えるとワインが変わるそうです!



ベーシックな万能グラスとしておすすめなのは、

国際標準化機構(ISO)の規格に基づいた

ワイン試飲用のグラスです。
 

このグラスはテイスティンググラスとか

ISOグラスと呼ばれます。

 

手頃で丈夫で倒れにくいし、

値段も1客500円前後と安いですね。

 

これを使って世界中で、プロの試飲が行なわれているそうですよ。

 

このグラスを使って、プロになったつもりで

飲み比べをしてみてはいかかですか?

 

, 自然・災害, 食事